歴史 ハーレーを知る

  • TOP
  • 当サイトについて
  • ハーレーSNS
  • お問い合わせ
  • リンク集
  • ブログ

ハーレの歴史

ハーレーTOPハーレーを知る > ハーレの歴史

ハーレーダビッドソンの歴史

ハーレーが好きなら知っておきたいハーレーが出来るまでの歴史!

ハーレーの写真

アメリカ生まれのオートバイメーカー、「ハーレーダビッドソン」はどのような歴史をたどり、一流ブランドとして不動の地位を築いたのでしょうか。

王者ハーレーの始まりは、3人の青年の探究心でした。今から100年以上も前、1903年のことです。

20歳を少し超えたばかりの3人は、ウィスコンシン州ミルウォーキーにある木造の小屋でバイクを作っていました。徐々に生産台数を伸ばし、1907年に会社を設立しました。「ハーレーダビッドソン」の誕生です。

設立から2年後には、量産体制ができ、その9年後、カンザス州カーレースでの好成績をきっかけに全米で有名となりました。

その後も大きく成長し続けたハーレーですが、1930年以降は、世界恐慌、第二次世界大戦が続き、経営の縮小、軍用モデルの製造など、方針の変更を余儀なくされたのです。

ですが、ハーレーはこの低迷時代にも新型エンジンを開発するなど、地道な努力を続けていました。そのため、戦後の目覚しいアメリカ経済発展の後押しを受け、ハーレーも大きく飛躍できたのです。

設立から62年経った1969年、ハーレーは、米大手メーカーのアメリカンマシンファンダリーと業務提携し、その傘下に入ることになりました。

いわゆる暗黒時代といわれる12年間です。この時代でも、ハーレーは積極的でした。ウィリアム・G・ダビッドソンによる「FXSローライダー」等、ロングセラーとなるモデルを発表し続けたのです。

ハーレーは、その後もエンジンの開発を続け今日に至っています。

青年3人の探究心と好奇心が、不遇・不況時代を乗り切らせたのでしょう。前進し続けるハーレー。

根強いファンが多いのもうなずけます。

ハーレーの年表

1949年 ハーレーダビッドソンモーターカンパニーが、正式にオートバイレースに参戦
1907年 4人の創業者によって、ハーレーダビッドソンモーターカンパニー株式会社を正式に設立
1923年 新しいハーレーの生産拠点が誕生
1941年 第二次世界大戦中に軍事用オートバイを製造
1942年 ウィリアム・A・ダビッドソンの息子ウィリアム・H・ダッドソンが二代目社長に就任

動画でみるハーレーの歴史

もっと詳しく知りたい方へのオススメ書籍

ツーリングの前に気になるお天気チェック

-天気予報コム- -FC2-
おすすめ広告
関連サイト
  • ハーレー専門総合ポータルサイト ハーレーシティ
  • ハーレーダビッドソンのマフラー音なら HARLEY SOUND -ハーレーサウンド-
  • ラブハーレーブログ
  • ハーレーファン必読!ハーレーの本専門サイト
※このWEBサイトは個人が運営するハーレーダビッドソンのファンサイトです。ハーレーダビッドソンの会社及び関係者等とは一切 関係ありません。 運営者情報